梅雨時期に発生しやすい水虫|原因と改善策

病院

皮膚の病気

聴診器

城東区の皮膚科では、火傷のように症状に応じた対応をしています。処置や、お薬の処方をしいます。また、日頃から、保湿クリームを塗ったり、紫外線対策として、UVクリームを塗っておくことで、肌トラブルの悪化を回避できます。

もっと読む

肌のあらゆる悩みを解消

病棟

肌のトラブルや悩みをトータルに解消できることで人気に定評のある天神皮ふ科は、土曜日と日曜日も診療も診察を受け付けています。そのため急な皮膚トラブルが起こった際にも安心です。また、最新の脱毛マシンを導入しており、肌への負担も最小限に抑えています。

もっと読む

外用薬を適切に使う

先生

外用剤の塗り方

梅雨時期など湿気が多い季節に増えるのが水虫であります。水虫の正体は白癬菌と呼ばれる真菌が、真皮に感染することで起きる皮膚の疾患です。白癬菌は手や体にも感染することがありますが、症状が最も良く出るのが足です。靴下や靴を長時間履くことで、足が蒸れて白癬菌が増殖しやすい環境になっているのです。水虫の症状が疑われれば、皮膚科の受診が必要となります。皮膚科での治療は外用剤を使うケースが多いです。外用剤は白癬菌を抑える作用の薬が使われます。この外用剤を塗るときには水虫ができている部位だけではなくて、その周りの広い部分にも塗るようにしましょう。それは症状が出ていない部位だっても、白癬菌が潜んでいる可能性があるからです。塗り方を注意することで、治療効果も変わってきます。

評判の良い病院

水虫の治療は根気がいるものとして知られています。水虫を治すためには皮膚に潜んでいる白癬菌を抑える必要がありますが、主に白癬菌を抑える塗り薬が用いられます。このような薬は継続して使用することが大切ですが、一時的に症状が良くなってもまだ白癬菌が皮膚の中にいる可能性があるため、そこで止めてしまうと再発する可能性もあります。白癬菌のついた皮膚が剥がれ落ちるまで、少なくとも3カ月程度は続ける必要があります。このように水虫は適切な治療を行うことで、治療を長引かせないようにすることが出来ます。皮膚科での治療が必要ですが、病院によっては外用薬の使い方をしないところもあります。しかし、外用薬の使い方を丁寧に説明してくれる医療スタッフがいる病院は、患者からの信頼も高くなります。

ニキビやニキビ跡の治療

カウンセリング

西荻窪の皮膚科では、ニキビやニキビ跡の治療を行っています。西荻窪の皮膚科では抗生物質入りの軟膏を処方してもらえるので、炎症を起こして化膿した赤ニキビも完治させることが可能です。西荻窪の皮膚科でニキビ治療を受けると皮脂の過剰分泌を抑制することができ、今後のニキビの再発を防げます。

もっと読む